たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

漫画家・佐渡川準氏、死去

……色々な気持ちが湧き上がってきますが、上手く言葉に出来ません。この方の漫画読みたさにチャンピオンを購読していた事のある漫画読みとしては。
私は「無敵看板娘」の頃からの読者でしたが、同作の連載終了後も独自の世界観を持った純正ファンタジー「PUNISHER」や自身の空手経験を活かした「ハンザスカイ」など意欲作を描き続け、最新の連載作「あまねあたためる」では新境地のギャグを切り開いて一定以上の評価を得ている様子に「きっとこれからも面白い作品を世に出してくれるのだろうな」と期待していただけに……残念でなりません。
Twitterではほんの二日前まで元気な様子を見せていたのに、何故? という疑問はつきませんが、惜しみつつ静かに見送るのが死者への最低限の礼儀でしょうから、野次馬根性から下手な推測をめぐらすような事はせず、今はただ故人のご冥福をお祈りする事とします。

余談

直接佐渡川氏の事だと前置きこそしていませんが、恐らくは氏の急逝を悼んだであろう椎名高志先生のTwitterでの以下のお言葉が胸に染みました。

単行本を買う以外に、漫画読みが漫画家先生達にして上げられる事は何かないのだろうか……。