たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

進撃の巨人 第11話「偶像」感想

原作は連載を読んだり読まなかったり。原作の内容には触れないor触れる時は前もって明記するスタンス。
(以下ネタバレ)
エレンは一兵士として巨人を駆逐する事しか頭にありませんでしたが、巨人化という力を手に入れた事により、一兵士という立場を超えて偶像として沢山の仲間達の死の責任を負わなくてはならない事になった訳ですが、そういった決意を込めた巨人化がまさかの暴走。そしてミカサに容赦ない鉄拳が……。
前回はアルミンの長回しによる駆け引きの面白さが際立っていましたが、今回はもっと概念的なお話になっていて、密度こそ濃かったけれどもインパクトという点では抑え目でしたね。その代わり久々の立体機動作画がやけに気合入ってましたが。