たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ちはやふる2 第22首「めぐりあひて」感想

ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻

ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻

原作既読、前期視聴済み。
(以下ネタバレ)
準々決勝で女王・詩暢と対戦する事になった千早は、右手の包帯を取り去り全力で挑む事に。果たして対決の行方は――。
……不覚にも、不覚にも千早が詩暢に「ありがとう」と言ったシーンで泣きそうになりました。
あまりにもレベルが違いすぎるために、「友達」と呼べるような同年代のかるた仲間を作れなかった詩暢。彼女の「全力」を前にしてなお彼女と共に歩もうとしてくれる人間はいなかった。それが、こんな所にいた。
あの瞬間の詩暢ちゃんの心のうちを思うと……(´;ω;`)ウッ…
詩暢には既に新という好敵手がいますが、本当に欲しかったのはやはり同年代の同性のライバルだったんですね。
「一人にはしないから」という千早の思いが通じてよかった……。
そしてその後にきちんとオチを付ける詩暢ちゃん、やっぱり最高のネタキャラですわw
――一方その頃、太一が戦うB級トーナメントは異様な雰囲気に包まれて……? 太一、遂に覚醒か!?