たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

宇宙戦艦ヤマト2199 第5話「死角なき罠」感想

実は原作アニメはうろ覚えだったり。
(以下ネタバレ)
遊星爆弾による地球へのこれ以上の攻撃を防ぐべく、冥王星に進路を取るヤマト。だが、その動きは敵に予測されており――。
今回は色々なキャラクターがクローズアップされたために、本作が旧作よりも群像劇としての要素を重視しているのだな、という事を感じさせられました。山本の航空隊への転属について、はからずも思いが一致していた古代と加藤、ピンチを救われた事で古代が気になり始めてしまった森雪、古代に対抗意識を燃やし実行部隊出身者を見下した態度をとる南部、等など。
特に、当初は古代に反感を持っていた加藤に山本の件で古代へ信頼感が芽生えたり、山本と古代の仲を勘繰って森雪が軽い嫉妬心を覚えていたりなど、本人もうかがい知らぬ所で思わぬ気持ちを抱かれているという、群像劇らしい感情表現が秀逸。まあ、一番秀逸だったのは真田さんのツンデレ振りなんですが(笑)
その一方で、BGMは旧作を踏襲していたり、旧来ファンへのサービスも忘れないという心配りが見られます。古代も戦術長という事で現場には出ないのかな、と思っておりましたがしっかりと戦闘機で出撃してくれましたし。
さて、遊星爆弾の着火装置である反射砲により出所の分からない攻撃を受け続けるヤマトは遂に冥王星の海へと沈んで行き……と思いきや、直前に真田さんが意見具申していたので、多分艦直上にバリアを展開しつつ沈んだ不利をして敵の油断を誘う作戦とかなのでしょう。

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマト