たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

たまこまーけっと 第12話「今年もまた暮れてった」感想

(以下ネタバレ)
この作品が成功だったのか失敗だったのか判断するにはもうしばらく時間がかかるでしょうが、私的には実に「意欲的」でありほんわかした気持ちにさせてくれるすばらしい作品だったな、というのが今のところの評価。
商店街という半ばクローズドな環境を舞台にした日常劇に、デラをはじめとする「非日常」が少しずつ入り混じるどこか懐かしい雰囲気の漂う脚本をベースに、キャラクターの細かい所作や表情、声優さんの微妙な演じ分けによる実に丁寧な人物描写が行われた、噛めば噛むほど味が出てくる良質なアニメ作品であったと思います。
この最終回においても、もち蔵の目の下の隈であるとか、去り際にチョイが首飾りをいじっている描写だとか、非常に細かい部分に多くのメッセージが込められているのを感じました。たぶん、1話から観返すと色々と細かいところで再発見があるはず……。
一見するとキャラクターの可愛さとかコミカルさに頼った作品のように見えてしまう向きはあるかもしれませんが、その裏側にあるものに目を向けるとまったく違った味わいが待っているという、一粒で二度おいしいアニメでした。
最終回のお話についても、チョイが「実はたまこがお妃候補だという事を占いで裏付けしていなかった」と明かしていますが、あれは本当に言葉通りの意味だったのか、それともしきたりに反してでもたまこの日常を守りたいと願ったチョイの嘘だったのか、どちらでとるかで大きく話の意味合いが変わってくるわけで。実によいさじ加減だったな、と。
この作品の上っ面だけ観て評価している方が少ないことを願いつつ、非常に面白いアニメをありがとう、と制作陣に惜しみない賛辞を贈りたいと思います。

たまこまーけっと (2) [Blu-ray]

たまこまーけっと (2) [Blu-ray]

つーか今回一番悶えたシーンは、たまこの本心を聞いてもち蔵とみどりが思わず笑みを交わすシーンだったりー。