たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

THE UNLIMITED -兵部京介- #12「未来へ -LΛST RESOLUTION-」感想

原作既読。アニメ前期は未視聴。
(以下ネタバレ)
いい最終回でした。11話の酷い出来が嘘のよう。
アンディがパンドラの面々と心を通じながらも、「半端者」の自分だからこそ予知とは違う未来が見つけられるのではないかと一人旅立つところが実に良い。なんだかんだ言っても彼は、兵部にただの殺戮者になってほしくないんだろうなぁ、と。
ただ、残念なのは色々と消化不足だった点。早乙女が何で生きていてわざわざ合衆国まで渡ってまで自分の理想を遂げようとしたのか、その内面が最後まで見えなかったり。合衆国におけるエスパー擁護派の存在感が薄かったり。特に後者については原作で合衆国のエスパーも登場しているわけで、もう少し前振りというか存在を匂わせる描写があってもよかったのでは、と思い。