たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

僕は友達が少ないNEXT 第11話「迷えるチキンな俺」感想

原作既読、前期アニメは視聴済み。
(以下ネタバレ)
倒れるまで隣人部の皆のために一生懸命映画の編集をしていた理科さんマジ健気……なんだけどなんであんなエロスな格好で倒れてたのかは考えちゃいけないのだろう。
理科が倒れた後の夜空の判断は久々に格好いいところみせてくれた、という感じ。夜空はやっぱりやれば出来る子なんですよね……そこにいたるまでの過程が長すぎるだけでw
そして相変わらず理科相手には素直にほめ言葉出てくる小鷹さん。確かに、わずかに顔を上気させ少し弱弱しい位の様子の理科は超絶美少女ですが、そこは少し照れろよ、と。そんなんだからBL音読させられた上に枕の下にしこまれたボイスレコーダ(?)で録音されちゃうのさYOU!
で、アニメではバッサリ台詞がカットされてしまったのでいまいち分からない人がいたかと思いますが、理科が「このくらいがちょうどいいんですよ」とBL本を差し出して小鷹が笑みで返したのって、前回の「先輩が望むなら理科はこれからもこのキャラを通しますが」という台詞に対する答え、って事なんですよね。小鷹はこれからも今まで通り「隣人部の女性陣からのアプローチに鈍すぎる男」というキャラのままでいるから、理科もそれに応じた、みたいな無言の了解というか。原作だとちゃんと言葉を通して了解しあってましたが、アニメだと無言の了解みたいになってて何この夫婦、みたいな感じになってしまいましたねw
さて、そんなこんなで隣人部に日常が戻ってきた――のもつかの間、生徒会からの刺客(?)遊佐が隣人部に乗り込んできます。部活動としての不備を二度にわたって指摘してきますが、夜空と肉という凶悪コンビの前にいかにもチョロそうな遊佐がかなうわけもなく、あえなく敗退。なんだか可愛そうですが、夜空がその場の勢いとはいえ小鳩の為に弁舌を振るう姿はいつになく頼もしく……というかアレ、小鳩の中でフラグ立ってないか?w
そんな夜空と肉の頼もしさを前に小鷹は「これからも隣人部は安泰だー」と平和ボケしていたらそこに肉様のゲームしながら世間話のようにプロポーズ大作戦が炸裂!!
――いや、あの場面で逃げ出した小鷹は確かにヘタレだけれども、あれは肉が悪いよな、と。いわゆるサークルクラッシャー女と同じような事やらかしたわけで。つーか夜空にあんなオロオロ顔させた肉は死刑!!(そこ?
小鷹は別に自分のためだけに難聴キャラを演じていた訳じゃないだけに*1」、あんまり彼を責める気にはならないんですよね、私的には。それが肉の不用意な発言で全て台無しになってしまった訳ですが……さてはてこれからどうなることやら。

*1:アニメだと関係台詞が大幅にカットされているのでわかりにくいかもですが、小鷹としては自分だけではなく夜空や幸村のような不器用だったり特殊だったりして居場所がなかった人間が安心して過ごせる隣人部という場所を誰より大切に思ってたわけで。