たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

ROBOTICS;NOTES #22「ここからは、俺たちのゲームだ」感想

原作未プレイ。
(以下ネタバレ)
話だけ見ればコテコテながらも熱い最終回だったはずなんですが、このアニメおなじみの抑え目の演出が今回も健在で、いまいち観ていて燃えなかったな、という印象。海翔のがんばりとフラウのリアクション芸が唯一の救いか。
あき穂がみさ希の意識を呼び起こすシーンなんて演出次第ではもうちょっと盛り上がったのになぁ。と。
ただ、上記のとおり海翔の頑張る姿も手伝ってバトルシーン自体の出来は良かったと感じましたし、海翔の言葉に消え行く君島コウが最後に人間らしい笑顔を取り戻した、という王道な締めも中々。
不評の原作をよくここまで観られる脚本にしたよな、とは思いつつもやはり緩急に欠けた演出が足を引っ張った感があり。正直もう少し大味な――それこそ低予算振りをノリでごまかして結果的に面白くなるB級ロボットアニメ的な――作りにしたほうが受けは良かったんじゃないかと。
まぁ、シスターブラウンが最後まで可愛かったので全部許してあげたい気もしますが(ぉ

海翔が最後宇宙飛行士になった、と思わせる終わり方は良かったけどね。