たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第9話「災禍をもたらす死の香りが街にはびこるようですよ?」感想

原作知らず。
(以下ネタバレ)
バトル開始と思いきや、黒ウサギのジャッジマスター権限発動で一転中断に。普通なら盛り下がる展開なんですが、今回はバトル開始からして緊迫感というか盛り上がりに欠けていたので、仕切りなおしという流れは悪くない。
――悪くないどころかジン・十六夜コンビのナイス交渉術とか、耀と十六夜の絡みだとか、むしろ決戦に向けて盛り上がる要素を挿入してきたのでむしろGJ!な結果に。
十六夜の耀に対する気遣いを見るに、彼は変態紳士なだけじゃなくて実際に紳士でもあったんですねぇ。飛鳥をエスコートする件とかでもそう思いましたが、セクハラ発言連発している割りに彼はフェミニストなんですな。まあ、今期語られることは無さそうですが、そこのところは十六夜の回想にチラっと登場した女性が関わっていそうですね。
一方、飛鳥はラッテンフェンガーに導かれ謎の洞窟に。「全ての真実」と彼等が創り上げたギフトを入手するために一人ギフトゲームに挑みますが……。ラッテンフェンガーが語る「真実」は十六夜が自力で辿り着いた真実とは違うのですかね? 一応、ペスト達は「カラクリを見破られたか」みたいな事を言っていましたが、まだまだ裏がありそうな。
しかし、ジン達のピンチに巨大ロボ的な使い魔を従えて颯爽と登場した飛鳥さんのドヤ顔があまりにもツボで爆笑してしまいました。何気にラッテンも同じポーズ取ってるし。
さて、次回最終話という事ですが、本作、アニメとしての出来は正直微妙ながらもキャラクターと世界観、話の流れ自体は結構好みなので、是非二期もみたいところ。二期に繋がる最終話になっていることを期待。

原作の方ではOVA収録Blu-ray付き限定版なんてものも予定されているそうで。巻数もそんなに出ていないし、久しぶりにスニーカー文庫に手を出してみるのもいいかも……。