たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第8話「黒い凶事は笛の音と共に来るそうですよ?」感想

原作知らず。
(以下ネタバレ)
冒頭の白夜叉と十六夜の変態談義に呆れつつも、阿呆な話題で他のキャラクターと意気投合しているシーンがあるだけで十六夜に対する好感度は上がるものだなぁ、と変な感心をしてしまいました。
さて、興行のメインイベントであるギフトゲーム、何だかあっさり耀が負けてしまったような印象を受けてしまいましたが、飛鳥の「さすが春日部さんだわ」という台詞から察するに、原作ではもっと戦術的描写がされていたのがアニメではカットされた、という事ですかね? まあ、何が「さすが」なのかアニメの描写だけで考えると、対戦相手のやすい挑発に乗らないで逆に神経を逆なでし、隙を作ってまんまと自分がイニシアティブを取った件と、ジャックとの相性の悪さを察し泥仕合になる前に潔く負けを認めた態度、と言った所でしょうか?
後半、ペスト*1達の登場という急展開で見逃しがちかもしれませんが、十六夜・飛鳥・耀の三人の弱点というか欠点がまとめて描写されたところが私的には印象に残りました。
十六夜は戦略・戦術レベルで物事を考える事は出来ますが、基本的に自分の快楽(強敵とのバトル)優先で今回も先んじて飛び出したはいい物の、伏兵や広域催眠のような事態に直接対処できる能力は持ち合わせていない。飛鳥は以前から描写されているように、本人のフィジカルな強さは常人並であり、「支配」のギフトも格上には通じない。耀についてはオールラウンダーながらも今回描かれたように仲間の手を借りようとしない意固地さがあるし、五感が鋭い分そこを狙った攻撃には脆弱という弱点も判明。
ようやく主人公が三人である意味が出てきた気がします。
それにしても、「十六夜くん! 本物のジャック・オー・ランタンよ!」とか予告で黒ウサギに甘い台詞を吐いているのに怒る様子とか見てると、飛鳥は十六夜の事が気になってるんですかねぇ? まあ、お嬢様キャラが無邪気にはしゃぐ様子とか嫉妬する姿は我々の業界では御褒美(ry

あと、ジャックさんのイケメンヴォイスにメロメロなのは私だけじゃないと思います。

*1:しかし、この作品の魔王はロリしかなれないのかw