たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

「イレブンソウル」(11)感想

イレブンソウル 11 (BLADE COMICS)

イレブンソウル 11 (BLADE COMICS)

遂に「士」巻です。
(以下ネタバレ)
遂に本格的に動き出した神永達。
自ら「生贄」役を引き受けた五六八の意志に報いるべく、事を進める彼らの前に立ちはだかる意外な敵――それは死んだ筈の「伊藤始」だった。
いやいやいや、「やっぱり」という気持ちと「まさか」という気持ちが無い混ぜになる展開でございます。伊藤が何らかの形で「生存」している、というのは色々な伏線から十分に予測可能だったわけですが、彼が人類を裏切った理由がこれまた意外。
ある日、突然たけちーの前から姿を消した万。彼の死の原因が「たけちーのスペアにされたから」だったとは……。そして伊藤はそんなたけちーを赦せなくて……。
たけちーが抱えていた秘密についてもドミノ倒しに明かされましたね。シャヘルに興味をもたれた彼が、実質的な「改造」を受け、それが高レベル強化や第三世代EMESの技術の礎になっていた、ということでこちらも今までの伏線から予想された通り、と言った所でしょうか。
そして、伊藤による警備システムの乗っ取りにより、たけちーの脳内に埋め込まれたチップが爆発……。ここでチップの件が効いて来るとは、相変わらず戸土野は話の作り方が巧いな、と感心していたら、乃木ぃぃぃぃぃぃ!?
伊藤を失った後、たけちー達の頼れる兄貴として存在感を示してくれていた乃木。彼が死刑宣告を受けるに至った、弟の事件の事が明かされるなど着々と死亡フラグが立っていましたが……。たけちーを、仲間達を守る為に、彼が敵視しつつも深く理解していた伊藤を道連れ(?)にしての戦死。まさに彼こそ「侍」と呼ぶに相応しい人物でした。
本作のタイトルである「イレブンソウル」について作中で語ったのも彼でした。作者があとがきで書いている通り、文字通り作品の主題を背負ったキャラクターの退場は、この後に待ち受ける怒涛の展開を予想させます。