たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」感想

(以下ネタバレ)
良い最終回でした。
最後まで作画も話もブレなかったのは見事ですね。
本作は、「何だかドタバタギャーギャー騒いでいるうちにいつの間にか話が終わっていた。だが、それがいい」アニメだったと思います。
思わずはっとするような奇抜な演出や、毎度毎度仰天するような驚愕のシナリオとは縁遠い作品でしたが、それでも要所要所に込められた描写やらキャラクターの言動やらにはなんとも言えない味わいがありました。それこそ、所謂ご長寿ドラマやN●Kの朝ドラマに近いノリだったのではないかな、と。
私的には、散々「不幸ちゃん」呼ばわりされていた孝一が、ちゃんと幸せを掴んでくれたところが微妙に嬉しかったりしつつ、良いアニメで出会えた幸運の余韻を噛締めております。

花咲くいろは 4 [Blu-ray]

花咲くいろは 4 [Blu-ray]