たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

青の祓魔師 第24話「魔神の落胤」感想

(以下ネタバレ)
前回とは打って変わってシンプルな展開だけに中々燃えました。
ただまあ、勝呂が突撃バカに成り下がっていたのと、しえみが結局足手まといとしてしゃしゃり出てしまった所がちょっとなぁ、と*1
逆に、出雲は冷たい言い草ながらも冷静に今自分に出来る事を冷静に見極めて、不器用ながらも勝呂を嗜めたりしてるし、志摩も頭がちゃんと働いているようだし、子猫丸も身を呈して仲間を逃がそうとしているし、グググっと株が上がったところでしょうか。あと、椿がちゃんと「大人」としての役割を全うしていたところがちょっと意外でしたねw
一方で、サタンがちゃんとユリを愛していたらしい所はやっぱり違和感が付きまとうと言うか。雪男も燐も使い捨てにしようとしている所を見るに、やはり単純な愛情を持っているというよりはユリへの「執着」がそうさせている、ということなのかもですが。
今まで一人で踏ん張って色々と溜め込んでいた雪男が、素直に燐に助けを求めた所も印象的でした。
さて、次回はいよいよ最終回の模様。ちょっと迷走気味なアニメオリジナル展開、果たしてどんな着地点を目指している事やら……。

何だか不吉な名前のイベント名ですなw

*1:結果的に時間稼ぎになった、という捉え方も出来ますが。