たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

うさぎドロップ 最終話「はじめの一歩」感想

(以下ネタバレ)
いい最終回でした……というのにはちょっと尺が物足りないですが、最後までブレがなく、良い作品でした。
子育てに付きまとう「自分の時間がなくなる」という問題について、ダイキチが考えるよりも遥かにあっさりと――でも多分色々な苦労を経て――受け入れているコウキママやパパ友の皆の明るい笑顔まぶしくも感じ……。
乳歯が抜けて大人の歯が生えてくる、という子供達の成長の第一段階とも言える時期を最終回に持ってきたことは、実はごく自然な事なのかも。
EDが、今までのイラスト+歯抜けりんという所がまたいい仕事ですな、劇団イヌカレー
さて、色々なところでの感想をみるに、概ね好評だったこの作品。当然、二期も視野に入ってきそうなものですが……原作の第二部の内容を考えると、色々と難しいかもなぁ、と野暮な事を考えつつ、感想を終わるのであります。