たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

夏目友人帳 参 第八話・第九話感想

(以下ネタバレ)

第八話

一部で大人気な子狐が再登場。
私的には子狐関連の話は、最終的に「異なる時間・生態の中で生きる者同士の距離」を感じてしまってなんとも物悲しい気持ちになるんですけれども、よく考えたらこの作品自体のテーマの一つがそれなんだよな、とも思ったり。

第九話

文化祭のお話。
多軌の「絶対に楽しむ」という宣言が微笑ましくも少し悲しく。
そして事情を知らないのに、自然に夏目が欲しがっている言葉をくれるダチトモーズGJ!