たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

青の祓魔師 第18話「颶風」感想

原作バレも含みつつの感想となります。
(以下ネタバレ)
いいお話でした。
ただ、子猫丸がただの臆病ゆえに悪魔に屈した、みたいな感じになっているのは原作読んでいると違和感ありますね。彼が燐に対して抱く恐怖は「自分の大切な人達を傷つけるかもしれないから」という感情から来ているものであって、単純なビビリではない訳で。
もちろん、颶風の最後の一押しが「お前の大切な人たちが傷つくかもしれない」みたいな言葉だったので、アニメでもそういった感情が描かれていない訳じゃないですが、やっぱり「自分の弱さと戦った」みたいな感じになってしまっているので、原作の「他人の事を何よりも最優先にするから、大好きな燐に対しても警戒の態度を取り続けてしまった」優しい彼の人柄の方を描いて欲しかったかな、と。
さて、今回から完璧にオリジナル展開へと移行するようですね。雪男に出現した謎のあざなども気になるところです。そして先週死んだと思われたアマイモンらしきハムスターがメフィストの元に……。
基本的に脚本や作画については全く心配していないので、原作の事を引き合いに出すのは主にキャラクター描写についてなりそうな予感。
キャラクター描写といえば、出雲はすっかりかませが似合うようになっちゃいましたね……。グールの時は足止めも出来なかったし、今回も符を破られてあっさり無力化してるし。原作読み返すと、グールのときはちゃんと足止め出来てるし、燐の炎を消化できる事も明らかになっているのに。まあ、何か燐と二人で掃除している姿に和んだからいいか(ぉ

青の祓魔師 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

青の祓魔師 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]