たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

まよチキ! 第3話「もちろん、ベッドの上で」感想

(以下ネタバレ)
ああ、キタエリボイスも相まって、奏は素晴らしい小悪魔キャラですね……。スバルの事をいじり倒しているだけのようでいて、ちゃんと心配している(でも結局最後はからかう)愉快犯的ツンデレといったところか。
一方のスバルですが……近次郎がプールで失神した時にやっぱり「アレ」をやったからあんなに赤面してたんですかね? 3話にしてフラグが建ち過ぎですなぁ。
にしてもこのアニメ、典型的なブヒ作品かと思いきや、むしろライトノベルスラップスティックの王道をいってますね。もちろん、そこかしこに散りばめられたブヒ要素はあるんですが、どちらかというとキャラクターの動きと話の展開を主軸に据えているというか。
同じ事を目指して失敗したと思しき作品が今期目立っている事を考えると、本作は「当たり」の部類に入るのかも。