たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

神様ドォルズ 第一話「神はきたりて」感想

原作は大好きだし、監督とシリーズ構成も信頼しているけども、原作が未完という所に一抹の不安を感じて視聴なんですが、さて。
(以下ネタバレ)
いきなり原作でもかなり後半に描かれるシーンから始まってビックリ。というか、まひるが花澤香菜さんってこれまた意外な配役だ!!(だがそれがいい
しかし、あのシーンが入ったって事は、少なくともまひる登場辺りまではアニメでもやる、という事になるけれども、尺的に考えて2クールなんですかね、このアニメ?
そしてこのOP。色々と言われそうだけど、私は好きだ!
さて、本編ですが、匡平が物凄いヘタレ顔だな、とか日々乃さん原作の2割増エロボディだな、とか詩緒が「お兄ちゃん」と言っているのに凄い違和感があったりだとか、色々と原作での印象との差異を感じつつも今の所は今後の出来に不安を感じさせる要素は見当たりませんでしたね。むしろ次回以降が楽しみです。
それにしても、メイン四人の声優さんは見事に若手で揃えてきましたね。まあ、若手と言っても、いずれもここ最近のアニメ作品で主役級を演じてきた方々だけに、その点では安心なんですけれども。