たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

「RATMAN」(7)

相変わらずの素晴らしい「ヒーロー漫画」振り。
「友を思う修斗の熱い気持ち」が「暴走」を凌駕し勝利を得る、なんてまあコテコテの極みな訳ですが「だがそれがいい!」と思わされてしまう勢いが素晴らしい。
士葵をバケモノ扱いした科学者の顔面にお見舞いしたのが、かつて修斗が嫌悪していた――それでも確かに「誰かのヒーロー」であった――「彼」から教わった右ストレートという所もなんとも見事というか。
物語の核心に迫る「Sの因子」についても少しずつ明かされ始め、今後の展開も期待できそうですね、