たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

鋼の錬金術師 第50話「セントラル動乱」

基本、原作厨的立場での感想です。
(以下ネタバレ)
所々作画が崩壊していたのは、やっぱり大佐の焔に労力とられたからなのか。
今回も特筆して面白かった所は無し。
前半で散々エピソードを間引きしたり中途半端な改変したりしてた事を考えれば、大分「原作に忠実」な脚本になっているんだろうけど、でアニメーションへ上手に「翻訳」出来ているかといえばそこはやはり疑問が残ります。「翻訳」というよりは「直訳」なんですよね。たどたどしい事この上ない。