たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」

(以下ネタバレ)
今の今までライトなノリだったので、滅び行く世界とか「戦後」だとかの設定を忘れてたよw
旧時代の兵士達が戦っていたのは、セーズの湖の底で化石化している「悪魔」なんでしょうかね? 一体、どれだけの時間が経過している事やら。
ヌルヌルムードが続いた中でいきなりこの手の「飛び道具」を繰り出してくるとは、中々ニクイ構成ですね。あと、「死者との会話」シーンで映画「復活の日」を思い出したのは秘密だ!
そして、何だか態度がデカイのにカナタが病気になった時に無能っぷりを発揮したリオは、
箱入り娘どころか正真正銘の「お姫さま」だから、という事なんでしょうかね?