たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

とある科学の超電磁砲 第19話「盛夏祭」

原作は単行本までチェック済み。
(以下ネタバレ)
普通に面白いんだけれども、ここまで何でもないサイドエピソードを続けられるといい加減飽きてくるな、と。やはり美琴というキャラクターを語る上で欠かせない「妹達」編が入らないと、上辺だけの面白さにしかならないよな、と。
ところで、上条がやけによそよそしかったのは、記憶を失った後、まだ美琴と出会っていない状態だったからでしょうかね? 2クール目のエピソードで度々現在の時系列を示唆するような描写があるので、実はそこら辺の伏線を回収していく事の方が本命なのかも。