たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」感想4

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

お盆休み前にクリアして、その後初のマルチプレイとかひたすら「まさゆきの地図」でレベル上げとかに勤しんでいます。
(以下ネタバレ)
そして今更ながら「バラモスの地図」攻略に挑んでいる訳ですが、いきなり専用BGM(SFC版IIIのヤツ)で「おおおおお!」とか無駄に更新してしまいましたよ。噂によると他の魔王もちらほら友情出演してるらしいし、こいつは楽しみでならない!! ――が、先日購入したオリジナルサウンドトラックには各魔王のBGMとか宝の地図の洞窟BGM(IIIのダンジョン曲)が収録されていないので、ぜひとも追加トラックス版CDの発売を希望。

更に今更ながらクリアまでの「本編」の感想(簡易版)

ラスボス戦は、事前にLV上げ過ぎ&ゲオルギオスの攻撃パターンが激化する前に倒してしまったので、ちょっと拍子抜けでした。その後も展開も「結局愛か!? 愛なのか!?」とか「天使達の意志は!?」とか激しくツッコミながらエンディングを迎えた訳ですが、流石にゲオルギオスの「イザヤールにもすまないと伝えてくれ」みたいな台詞の所では「流石は暗黒寓話の達人ゆう帝さま……」と唸ってしまいました。
ゲオルギオスは、自分のやらかしたことで愛弟子が悲しい最期を迎えた事も知らずに昇天してしまった……。そこら辺の「不完全なる者達の悲しいすれちがい」みたいなある種の残酷描写にかけては堀井さんは本当に底意地が悪いくらい長けていると思う。
後、予想通りというかなんというか、やはり事前情報や発売直後のネガティブキャンペーンは信頼するに値しない、という事を実感。VIIみたいに前評判と発売直後の評判が良くて、後々の評価は最悪、なんて例もあるわけで、こればかりは時間が経ってからの世間の評価や、自分自身でのプレイを通じた感触を信じるしかないな、と。
さて、今日もこれから宝の地図探索に出ますか……。