たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

民主党残酷物語(神奈川4区編)

(以下、地元民の穿った視点による政治のお話なので閲覧注意)
さてさて、先日解散総選挙が決定いたしましたが、世間様ではそれ以前から総選挙を巡る各党の暗躍が続いておりました。当然、日に日に勢いを増す民主党サマ*1も例外ではないのですが、私の地元選挙区ではなにやらきな臭い動きが見えてまいりました
民主党参議院議員の「あさお慶一郎(浅尾 慶一郎)」氏をご存知でしょうか? テレビなどにも時折出演し、「次の内閣」防衛大臣、といった肩書きも持つ民主党若手*2の中でも将来有望な人材です。そんな民主党の未来を担うであろう党員の彼が、総選挙を前に民主党を離党しました。 
何故か? 以下は私が地元で得た情報を元にしたものなので、伝聞ではありますがあたらずも遠からずな所だと思いますので、その点を留意の上お読みください。

え? 次の選挙は浅尾じゃないの?

異変はまず神奈川選挙区の民主党ポスターから感じ取れました。少し前までは、党幹部と並んで浅尾氏のポスターが貼られていたはずが、いつの間にか長島一由というキモイメガネに差し変わり、浅尾氏のポスターは端っこの方に貼られるようになりました。

長島一由って誰?

元フジテレビ記者という肩書きを活かし、鎌倉市議会選にTOP当選するも、何故か任期半ば未満で突然辞職し、これまた何故かお隣逗子市の市長に当選したという、なんとも怪しい経歴の持ち主。ちなみに、逗子市民からの支持は圧倒的で、「民意を問う」との辞職後の市長選でも圧倒的勝利を得ていますが、反面市議会からの評判は芳しくなく、また横浜市と国の米軍居住区に関する揉め事にイマイチ筋の通らない主張で横槍をいれ、裁判で惨敗した、という奇行も目立ちました。
鎌倉市民の一部からは「二度と鎌倉の土を踏むな!」とまで言われている事を本人は知っているのでしょうか……。

え? 神奈川4区は浅尾氏じゃなくて長島!?

という事で、ポスターの件からも分かるように、民主党の神奈川4区衆議院議員候補は、実力も実績もある浅尾氏……ではなく何故か国会議員経験のない長島一由という事にいつの間にやらなってしまっていました。政治を熱心に観察していた市民の皆様は「???」です。「何故、経歴もキレイで下積みも長く、現役の国会議員である浅尾ではなく長島?」と。

参考
[認めていない長島一由氏が選ばれた不思議-明日も頑張ります!! 逗子市議会議員 君島雄一郎の活動報告

そして浅尾氏、民主離党へ

上記の結果までにどんないきさつがあったのか、報道と噂以上のところは窺い知れませんが、浅尾慶一郎氏は先ごろ民主党を離党し、無所属として衆議院選神奈川4区に立候補する、と表明しました。
「次の内閣」防衛大臣、とまで呼ばれた浅尾氏が離党する位ですから、よほどの事があったのではないかと推測されますが、真相は分かりません。間違いなく言えるのは、今度の選挙で私が民主党及び民主党議員に票を投じる可能性は限りなく低いな、という事だけでしょうか。また、ある年齢以上の鎌倉市民が長島一由へ投票しない事も、ほぼ確実なのではないでしょうか。それでも、例え個人の得票数が少なくても比例代表の名簿の上の方にくるでしょうから、長島の当選は確実なんですがね……口惜しい*3

7/24追記

一晩経って読み返したら、何だか何が言いたいのか良く分からない文章だったので、少々補足。
ようは、「参議院議員を務めながら衆議院選挙神奈川4区での地盤固めをしてしてきた浅尾氏の熱心な活動を知っているので、長島のような民の人気取りだけ上手な男を据えようとしている民主のやり方には甚だ納得できない」という事を言いたかった訳です。

*1:私的には自民と民主の根本的なところの違いはそれほど顕著ではないと感じているので今の民主優位の流れは居心地が悪い

*2:40代なら若手でしょう

*3:ちなみに、断っておかないとあらぬ誤解を受けそうなので一応書いておきますが、私自身は浅尾氏の熱心な支持者ではありません。彼の政治理念については一長一短ある、と思っています。