たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話「シュナイゼル の 仮面」

何か足りないと思ったら、まだ酒井ミキオの歌が流れてない!!
(以下ネタバレ)
とりあえず咲世子さん生存にほっと一息。
さて、何故ナナリーがシュナイゼル陣営についたのか、というのが前回最大の疑問点だった訳ですが、何のことはなく、シュナイゼルの建前に篭絡されただけでした。二期に入って成長したなぁ、と思ってましたがここにきてまたルルーシュの足を引っ張るのか……。
対するルルーシュについては、ナナリーを前によく仮面を被り続けた! と褒めてあげたい(´Д⊂ヽ
スザクも、ようやく彼の命の使い所を見つけたんでしょうかね。ルルーシュに優しい言葉をかけるのはC.C.に任せ、自分はひたすら目的を果たすためだけの同盟者に徹する。でも、それがスザクに残された最後の優しさなのかな、とも思います。
一方、民草の命など最初から勘定に入っていないシュナイゼルに反感を覚えたコーネリアはあっさり抹殺……。ある意味ユフィよりかわいそうな人だ。
シュナイゼルの圧倒的武力を盾に世界を単一の意志で統一しようという思想は、形こそ違えどシャルル皇帝の目指した「争いのない世界」と意味する事は同じ。「仮面」を無くそうとしたシャルルに対して、「仮面」を駆使したシュナイゼル、という図式もなんだか興味深い構図かも。
そして、ルールシュとシュナイゼルの知略が激突する双方の総力戦が開始。味方を巻き込むような隠し玉やギアスによって洗脳した兵士などを目前にして、星刻や藤堂はルルーシュへの嫌悪感をあらわにする訳ですが、「ゼロ」は、決してそんな手を使っていなかった、という事に黒の騎士団の面々が気付いてくれる日は来ないのでしょうか?

そのほか気になった点

  • ナナリーが生きていた理由がとってつけた感じなところと、咲世子さんが一月以上も何をしていたのかが気になります。
  • 蜃気楼を堂々と乗り回すルルーシュに吹いた。
  • ピンクのランスロットは、ランスロット・コンクエスターの改修機でしょうかね。
  • いくら戦略的な理由があったとしても、自分の所の首都を住民ごと消し去ったシュナイゼルと手を組める黒の騎士団の必死振りに泣いた。
  • 神楽耶達をアバロンに人質に取っているのって、実は逆に守っているんだったりして。
  • ヴィレッタの妊娠、逆算すると恐ろしくなりそうだからやめた。
  • 玉城、輝いているぅぅぅぅぅ!!その勢いでルルーシュ達も救ってくれ(TДT)
  • 今週もジェレミアが一番光っていた事について。