たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

大野病院医療事件 帝王切開の医師に無罪判決

さて、我が地元でもいつの間にやら、きちんとした産婦人科がある病院は唯一つになってしまっていて、とても他人事とは思えない気持ちでこの裁判を見守っていましたが、司法の判断はあくまで冷静だったと言った所でしょうか。
出産というのは、世間で思われているよりも命の危険の高い行為です。万全の準備を整えていても、いざ出産のときに予想外のトラブルが発生し、母子共に危険にさらされた、という話は決して珍しいものではありません。
今回の場合、トラブルに直面し、力を尽くしたけれどもそれでも及ばなかった医師が逮捕されるという衝撃的な事件でした。
医療は万能ではありません。医師の力にも限界はあります。
特に今回の場合、各報道機関のもたらす情報を信じるならば、加藤医師が間違いなく「名医」の部類に入る医師であった事が伺えます。腕前ではなく、医療に対するその姿勢が。
そんな名医が普通に医療行為を行った結果逮捕されてしまったのですから、世の産婦人科医達が恐怖を感じたのも無理はありません。「難しい患者と死っても助けたい。でも、万が一力が及ばなかったら自分も逮捕される……」、そんな恐怖が。その結果が、全国の産婦人科医が減ったり、たらいまわしにされた妊婦が死亡したりといった更なる悲劇を生んだ一因になった、との見方もあります。
遺族の方は本当に気の毒ですが、「医師に厳罰を」と願うその気持ちが、他の誰かを殺しているという事実に気付いて欲しい、とも思います。糾弾すべき相手を間違っている、とも。