たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

命の重さは論理では語れないよ

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/770743.html
動物好きじゃなくても吐き気を催すであろう、このお話。
いくら言葉を尽くして論理に聞こえなくも無い文章を連ねても、「生まれた命を無惨に殺す」という行為が正当化されるわけではない。このババアは、子猫を殺している自分に酔っているだけだ。「他人には出来ない事をやってしかもそれを問題提起的に文章に書いて一流新聞に掲載できる自分カッコイイ」と思っている事がありありと伝わってくるようだ。
そもそも、生き物を飼うという行為が歪であると言うのは確かだが、だからこそ人はペットに対して愛情を惜しみなく注ぐ。避妊手術だって、喜んでやる飼い主はいない。申し訳ないとさえ思う。そして、だからこそせめてもの罪滅ぼしとして、一生懸命面倒を見てかわいがる。それこそ、「生」を全うするまで。
さもなくば、沢山生まれてくる子供の命まで面倒を見る。それが「飼い主」としての責任の取り方というものだ。
「避妊手術をせず、生まれてきた子猫も殺す」という行為は、二重の意味で「飼い主」としての責任を放棄しているし、殺すために生ます事と同意であり、つまりこのババアは二重の意味で子猫を「殺している」わけだ。
他人の子を捕って喰らう鬼子母神でさえ、我が子がいなくなってしまう事で他の親の悲しみを学ぶ事が出来た訳だが、このババアが「我が子同然」のはずの子猫達を「殺す」ことの意味に気がつくことは、多分一生無いのだろう。
願わくば天罰か仏罰か神罰が、このババアの頭上に下るように。
さもなくば、一片の慈悲を猫達とこのババアに。