たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

「涼宮ハルヒの憂鬱」総合感想

伝説の(?)1話だけ観てませんが。
(以下ネタバレ)
私は原作→アニメの順で知ったので、それを前提とした感想になります。
さて、第一話がいきなり作中作から始まって(私は見て無いけど)、本編もほぼ一話毎に時系列がホイホイと入れ替わるという凄まじいまでのシリーズ構成でございましたが、これが成功だったな、と。
どちらかのサイトで、「アニメ版のコンセプトは『ハルヒ復権』だ」みたいな事を書かれていましたが、正にその目論見は成功した訳で。ハルヒの色々な顔を見せ付ける事によって、第一巻のラストにイマイチ違和感を拭えなかった人々にも、自然とその流れを受け取らせようという狙いが。
アニメーションのクオリティもいちいち高くて、ホントFateもここに作ってもらいたかったなぁ毎回感心させられましたわ。脚本も原作を忠実になぞるだけではなく、かといって過剰な脚色を加える訳でもなく、「アニメ化したらこうなった」みたいな自然な感じに出来上がっていて、原作付きアニメのお手本といえるレベルでした。
あえて苦言を呈するならば、ちょっとハルヒツンデレ振りを如実に描きすぎている点でしょうか。原作だと、ハルヒの不可解な態度に対して「これは妬いてるのかな?」だとか、読者側が穿った見方をしないとハルヒの真意が分かり難い所があって、逆にそこがイイのですが。まあ、原作の表現と決して矛盾はしてないんですがね。表情や態度を分りやすくしているだけで。