たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

「ついに正体を現した村上ファンド」

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/column/o/31/
森永卓郎氏のコラム。
何か、マスコミ各社は村上ファンドの事を「物言う株主」とか言っているけれども、あれって一種の事実誤認だよな、と。
だって、村上ファンドの第一目標は、短期的な株の売買で利益を上げる事であって、「株主となって物を言う」事も短期的な利益を挙げるための手段でしかなく、本来的な意味での「物言う株主」とは90度位立ち位置が違う訳ですから*1
もちろん、村上ファンドも顧客を抱えて商売やってる訳ですから、度を過ぎなければ「悪」ではないんですがね。今回はちょっとやりすぎでしょう。

*1:本来的な「物言う株主」とは、中長期に渡って株を保有し、長期的利益を見込んで経営陣に対して意見を言う存在の事であって、話題性を集めるためだけに派手な注文を付けて短期的に株価を高騰させて売りぬく「相場師」の事ではないハズ。