たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

アメリカ産牛肉輸入再開ですが

http://kamo.pos.to/dpoke/c/food_47.html
中々壮絶なxxxである事が確認されている「useWill.com」の中の人だけれども、また今回も激しい事を言っております。
自分で「バイオの専門家」とか言っておきながら、アメリカ産牛肉輸入禁止された根本的理由も理解していないというアレ振り。
「和牛でもオーストリア産でも変なエサを食べた牛がいたらアメリカ産よりよっぽど危険です」って当たり前でしょ、そんな事。どこ産であってもプリオンに汚染された飼料を与えていたら危険に決まってるでしょう。
問題はそこじゃなくて、国産牛や豪州産牛肉が早い段階からトレーサビリティやら個体管理やら検査体制やらを整え始めたのに対して、米国は個体管理もいい加減・(出所の怪しい)肉骨粉を与え続ける・「コストが上がるから」という理由だけで検査を手抜き、と三拍子揃ったダメダメ管理体制のまま輸出を再開しようとした事こそが問題なわけであって。
正直、アメリカの片田舎の牧場じゃ、未だに「狂牛病? なにそれ? 食べられるの?」状態が続いていても不思議じゃないんです、これが。
私的には、和牛と豪州牛・米国牛の三者は、それぞれにそれぞれの美味しさを持つ全く別の食べ物だと思っているので、米国牛の輸入再開自体は望んでいるんですけれども、今回は最悪の状況下での再開であって、自分で口にする気には全くなれません。