たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

麻生太郎総務相ら3閣僚、国民年金保険料を未納

馬鹿らし過ぎて話題にも取り上げていなかったんですが、どうにもネット上で「だから払うのは馬鹿らしいと言ってるんだ」と、鬼の首を取ったかのように未納を正当化してる人を見かけてしまったので、ちょこっとお話をば。
「将来もらえないかもしれない→払う価値がない→だから払わない」という三段論法(?)を唱えて未納を正当化する人には、本当に頭にくる。「払わないことで無言の抗議を」とか言ってる人も本末転倒。
結局ね、払わない事で困るのは政府の連中じゃなくて、真面目に保険料を納めている人達な訳ですわ。もちろん、年金制度なり納付制度なりに欠陥が有る訳だから、本質的な問題はそこに有るわけですが、だからと言って君らが払わない理由には全くならない。体制への反抗以前に、弱者への攻撃にしかなってない。
どうせ同じ払わないなら「払おうにも制度の改善も見られず、未納分も2年間分までしか遡れないというのでは、著しく納付者の利益を損なう制度であるとしか言いようがない。不当な制度だ」と裁判所にでも訴え出てみてくださいよ。納付という「義務」を果たしてない以上は、「権利」が認められるとは思いませんがね*1

*1:筆者は裁判知識は乏しいので、実際訴えた場合にどうなるかは知りませんが